高血圧の検査をする様子
高血圧治療薬に用いられるノルバスクはアムロジピンを成分としており、高い血圧を正常に戻す働きがあります。また、高血圧だけではなく狭心症の治療薬としても使用されております。当サイトではノルバスクの効果・副作用について皆様に詳しくご紹介していくので、服用前に参考にしてください。

高血圧治療に使われてるノルバスクという薬を知っているでしょうか。高血圧や狭心症の治療中でノルバスクを服用している人もいるでしょう。
しかし、その中には効果や副作用などあまり理解していないまま服用している人もいるはずです。
自分が服用する薬の事は効果や副作用などしっかり理解しておきましょう。そうすれば、何かあった時にも対処しやすいので安心出来ます。
これからノルバスクを購入する人も注意事項や購入方法などを知っておくと便利です。

ノルバスクの効果作用

ノルバスクの主成分はアムロジピンベシル酸塩です。
アムロジピンベシル酸塩は、心臓や体の血管を広げて血流を良くしてくれます。血流が良くなると、血液の抵抗が減って血圧が下がります。
それだけではなく、心臓の収縮を抑える働きによって心臓を休ませられるのです。

ノルバスクは高血圧や狭心症の治療に使われています。
血圧を正常に保つ事によって、いつか起こるかもしれない脳卒中や心臓病、腎臓病を防げる可能性があるのです。
その他にも、脳や手足、目の網膜など体全体の血流を良く出来るので、いろいろな病気に応用されています。

血管壁の細胞にカルシウムが流れ込むと、血管が収縮して血圧が上がります。
ノルバスクを服用するとカルシウムが細胞内に入るのを抑えられるので、血管が広がって血圧が下げられるのです。
こういう作用がある事からノルバスクはカルシウム拮抗薬に分類されています。カルシウム拮抗薬は効き目が良くて安全性が高いです。
ノルバスクは血糖や尿酸、脂質などには影響しません。年齢を問わず幅広く使われています。
特に、合併症が多い高齢者の人に適しています。ゆっくりと効き始めるので持続時間が長いです。

高血圧の場合だと、成人はアムロジピンとして2.5mgから5mgを1日1回服用しましょう。症状によって量は変わります。
十分な効果が得られなかった場合は、1日10mgまで増やせます。
6歳以上の小児は、アムロジピンとして2.5mgを1日1回服用しましょう。年齢や体重などによって量は変わります。
6歳以上の小児の場合は、1日5mgを超えてはいけません。

服用方法は、必ず医師の指示に従いましょう。飲み忘れた場合は、次の日の通常時間に飲みましょう。
飲み忘れたからといって、1度に2回分飲んではいけません。間違えて多く服用した場合はすぐ医師に相談しましょう。

ノルバスクの副作用は?

ノルバスクには副作用もあるのでしっかり理解しておきましょう。
主な副作用はほてり・めまい・ふらつき・頭痛・動悸などで他にもいろいろな症状が報告されています。
血圧を下げる効果があるので、めまいやふらつきは必然的に起こります。
なぜかと言うと、脳に送られる血液の量が一時的に少なくなるからです。ですので、一時的な場合はあまり心配する必要はありません。

毎日血圧をチェックしていれば、副作用の症状を発見しやすいでしょう。
それに薬の効果が現れているかどうか判断しやすくなります。症状がひどい場合は、医師か薬剤師に相談しましょう。

副作用で歯茎が腫れる場合もあります。歯茎が肥大して厚くなるので痛みを感じる事もあるでしょう。
それだけではなく、歯茎が肥大する事によって歯周ポケットが出来て歯肉炎などになる場合もあります。
こうなると、歯茎から血や膿が出てしまいます。この症状は、服用し始めて1ヶ月から3カ月で起きる事が多いです。
ですので、この期間は歯茎の状態をよく見ておきましょう。歯茎の腫れは予防する事が出来ます。
予防方法は、歯磨きを丁寧にしてしっかり歯垢を除去する事です。

服用して吐き気がしたり皮膚や白目が黄色くなったりした場合は、劇症肝炎や肝機能障害、黄疸の初期症状の可能性があります。
この場合は、すぐに服用するのをやめて医師の診察を受けないといけません。
他にも注意しないといけない症状はいくつかあります。
例えば、のどの痛みがあったり歯茎や鼻から出血しやすくなったりした場合は、無顆粒球症や白血球減少、血小板減少の小児症状の可能性があります。
ですので、何か気になる症状が出た場合は、すぐに医師か薬剤師に相談した方が良いです。

ノルバスクを使用する前に注意すること

ノルバスクを服用する前に、注意事項を確認しておかないといけません。持病やアレルギーがある人は必ず医師に伝えましょう。
服用中の薬がある場合も伝えないといけません。

高齢者の人は副作用が出やすいので、服用を始める時は量を少なめにしましょう。
重い肝臓病や重い腎臓病の人も注意が必要です。

他の降圧薬や利尿薬と一緒に服用する場合は、血圧の下がり過ぎに注意しましょう。
飲み合わせによって、血中濃度が上昇したり低下したりする場合があります。
アルコールも良くありません。めまいや動悸などの副作用が強くなってしまいます。

ノルバスクはグレープフルーツと相性が悪く一緒に服用すると血中濃度が上昇する場合があります。
グレープフルーツジュースも良くありません。なぜかと言うと、グレープフルーツに含まれている渋みの成分が酵素を弱くしてしまうからです。
グレープフルーツの影響は、摂取してから大体24時間と言われています。
相互作用の影響を受ける時間は薬によって違いますが、長い場合だと2日から4日続く場合があります。
ですので、服用している間は控えた方が良いでしょう。

基本的に妊娠している人は服用してはいけません。
ですが、特別に危険性が高いわけではないので、他の降圧薬が効かない場合などに医師の判断で服用する場合があるかもしれません。
ノルバスクは降圧作用だけではなく妊娠期間や分娩時間を延ばす作用があります。

血圧が下がってめまいが起きた場合は、車の運転など危険な事は出来るだけ避けましょう。
本態性高血圧症の場合は、生活習慣を見直す事も大切です。
食生活では塩分を控えましょう。肥満の場合は、体重を落とすだけで血圧は下がります。軽い高血圧の場合なら、服用をやめられる場合もあります。

ノルバスクは通販(個人輸入)でも手に入る

ノルバスクは薬局やドラッグストアには売っていません。ですので、手に入れたい場合は医師の診断を受ける必要があります。
ですが、ノルバスクは個人輸入代行の通販サイトでも購入出来ます。
個人輸入は薬事法の改正によって認められているので、何も心配する必要はありません。

利用するメリットはたくさんあります。個人輸入代行の通販サイトを利用すれば、面倒な手続きなどを代わりに全部してくれるので簡単です。
海外なので送料の心配をする人もいるでしょう。
そういう場合は、いくつか購入すると送料が無料になるところを利用すると良いです。まとめ買いをすれば送料の心配をする必要はありません。

値段は個人輸入代行の通販サイトによって違う場合があるので、いろいろ比較する事が大切です。
とは言っても診察代などの事を考えればどこで購入しても安いはずです。これは大きなメリットでしょう。

メリットだけではなく、デメリットもあるので気を付けないといけません。
デメリットは何かと言うと、安全性に問題がある場合があります。送られてくるのが海外なので、偽物だったり梱包が雑だったりする場合があります。
ですので、偽物を購入しない為にも安全なところを選ばないといけません。評判が良いところなら購入しても問題ないでしょう。

もう1つデメリットがあります。それは商品が届くまでに時間がかかるという事です。
海外から発送されるので仕方ありませんが、1週間から10日ほどかかるという事を覚えておきましょう。

送料や商品が届く日数の事などを考えると個人輸入代行の通販サイトではまとめ買いするのがオススメです。
メリットやデメリットを知っておけば、個人輸入代行の通販サイトを利用しやすいでしょう。

関連記事はこちら