高血圧の検査をする様子
高血圧治療薬に用いられるノルバスクはアムロジピンを成分としており、高い血圧を正常に戻す働きがあります。また、高血圧だけではなく狭心症の治療薬としても使用されております。当サイトではノルバスクの効果・副作用について皆様に詳しくご紹介していくので、服用前に参考にしてください。

ノルバスクジェネリック医薬品とは

ノルバスクの有効成分アムロジピンベシル酸塩は、血管を収縮させるカルシウムが血管壁に流入するのを防いで効果的に血圧を下げる作用を持つカルシウム拮抗薬に属する降圧剤です。
優れた効能を持ちながら他の器官などへの影響が少ないカルシウム拮抗薬は高血圧治療の第一選択薬とされ、ノルバスクはその中でも特に安全性が高いことから最も処方数が多い薬と言われています。

ノルバスクには成分名のアムロジピンベシル酸塩と同じ名を持つアムロジピンというジェネリック医薬品があり、多くの製薬会社からさまざまな種類のアムロジピンが発売されています。
ジェネリック医薬品は先発医薬品であるノルバスクの特許が切れた後に他の製薬会社が同じアムロジピンベシル酸塩を主成分にして自社でアムロジピンという錠剤として製造したものです。
成分量が同じであれば先発のノルバスクと同様の効果が得られます。

後発で製造されるジェネリック医薬品は先発で得られた有効性や安全性を元に造られており、それらの実験や検証の費用がかからないため先発よりも安価に販売することができます。
先発のノルバスクとジェネリックのアムロジピンとで効果の違いを気にする向きもありますが、主成分が同量であれば効き目も同じとされています。
各社で別の添加物を加えたり錠剤の形を変えて飲みやすくしているなどの工夫もされており、人によってはジェネリック医薬品のほうが服用しやすくなるメリットもあります。
まれに先発とは違う添加物が体質に合わないということもあります。

ノルバスクは病院で診察や検査を受け高血圧と診断されてから処方される降圧剤のため、ジェネリックのアムロジピンも処方せんが無ければ薬局で購入することができません。
高血圧治療に第一選択されるカルシウム拮抗薬の中で最も多く処方されるノルバスクはジェネリックの数も大変多く、添加物が合わないために不調が出たり錠剤の形が飲みにくいといった場合は、他のアムロジピンに変更してもらうことでさらに安心して服用できるようになります。

ノルバスクは病院で処方してもらおう

高血圧治療薬の中でも特に安全性が高いと言われるカルシウム拮抗薬に属するノルバスクは非常に人気の高い医薬品です。
同じ有効成分アムロジピンベシル酸塩を主成分にしたジェネリック医薬品も数多く販売されているものの、それらも含め病院で処方せんを出してもらわなければ購入することができない薬です。
同じ成分の市販薬は無いため、病院で診察や検査を受けて高血圧と診断されノルバスク服用が治療に最適と判断されてから処方されます。

ノルバスクをはじめとする降圧剤は基本的に処方せんが無ければ購入することはできませんが、現在では個人輸入代行ショップで海外医薬品として入手する方法があります。
毎日服用しているノルバスクやアムロジピンが残り僅かになりながらもすぐに病院へ行けない事情がある時などに便利で、もしもの時のストック用として購入する人も出て来ています。
処方せん無しで購入できるため市販薬が無い降圧剤のような薬を病院へ行かずに入手する手段になっていますが、高血圧は病院で診察や検査を受けることが非常に重要な病気です。

ノルバスクやアムロジピンは安全性が高い降圧剤と言われています。
カルシウム拮抗薬以外の降圧剤の中には心臓に直接作用するタイプの薬もあり、医師の診断の元に処方を受けなければかえって健康を害してしまう心配がある薬も存在します。
比較的安全と言われるノルバスクであっても長期服用を続ける際には病院で定期的に診察や検査を受けてこそ安心して服用が続けられます。

ノルバスクやアムロジピンを個人輸入ショップで購入するメリットは往復の交通費も含め病院にかかる費用をかけずに、いくつかあるジェネリック医薬品の中から安価な製品をまとめ買いできることにもあります。
自分の健康を自分で守ためにも服用中に何らかの異変を感じた際はためらわずに医師に相談する必要があります。
ノルバスクは基本的に病院できちんと診察を受けて処方してもらうべき薬です。

関連記事はこちら