高血圧の検査をする様子
高血圧治療薬に用いられるノルバスクはアムロジピンを成分としており、高い血圧を正常に戻す働きがあります。また、高血圧だけではなく狭心症の治療薬としても使用されております。当サイトではノルバスクの効果・副作用について皆様に詳しくご紹介していくので、服用前に参考にしてください。

ミカルディスの効果・服用方法・副作用

高血圧の治療薬として処方される「ミカルディス」。実は「ミカルディス」とはあくまでも製品名で、一般名は「テルミサルタン」です。
この薬は高血圧の治療薬の中でも、「アンジオテンシンII受容体拮抗薬」(ARB)に分類されます。

アンジオテンシンIIと呼ばれる成分は、受容体と結合することで血管を収縮させます。
血管が狭くなると、それだけ血液が流れた時に血管に多く力が加わり、ダメージを受けやすくなってしまいます。
そこでテルミサルタンをはじめとするARBは、アンジオテンシンIIと受容体の結合を阻止。こうすることで血管の収縮を抑えられ、高血圧の改善にもつながるのです。
また血管にかかる負荷を減らすことができるため、症状によっては心臓病や腎臓病にも効果が期待できます。

そんなミカルディスですが、服用を開始する際はまず20mgから始まります。ミカルディスは40mgで1錠なので、最初は2分の1錠となります。
というのも高血圧の薬はいきなり多く飲みすぎてしまうと、血圧が下がりすぎ、ふらつきなどの副作用が出てくる恐れがあります。
そのため最初は少量からはじめ、体調を見ながら徐々に薬の量を増やしていきます。最終的には80mg、2錠分まで増えることがあります。

ただし、ミカルディス錠は効果の持続時間が長いです。そのため服用は1日1回となります。
またこの薬は食事による影響も受けます。医師によって「食前」「食後」と指示が異なる場合がありますので、医師の指示に従って服用するようにしましょう。

そしてもし服用し忘れてしまった場合、「食前」と指示された場合は気がついた時点ですぐ飲みます。
一方「食後」と指示された場合は軽くお腹に食べ物を入れてから飲みます。
ただしどちらの場合も、次に薬を飲むまでの間隔が短い場合は、1回空けてから通常通り飲むようにします。
短い間隔で飲んだり、2回分一気に飲んでしまうと、効果が強く出すぎてしまいます。すると血圧が急激に下がり、ふらつき・めまいなどの副作用が現れます。

なお、ミカルディスは人によっては身体に合わず、アレルギー反応を引き起こすこともあります。
特に喉や唇の腫れ・呼吸困難が見られる場合は「アナフィラキシーショック」を引き起こしている恐れがあります。
他にも強い副作用が感じられたらすぐに使用を中止し、医師に相談するようにしましょう。

ミカルディスの副作用と食べ合わせ・飲み合わせ

高血圧の治療薬であるミカルディスは、他の薬との飲み合わせに注意する必要があります。
というのも、飲み合わせる薬によっては効果が十分に出なかったり、副作用が出やすくなる恐れがあるからです。

まず避けたいのが、高血圧治療薬の一種である「アリスキレン」(ラジエス)です。
ラジエスはアンジオテンシンIIを生み出す酵素である「レニン」を抑える効果が期待できますが、この薬とミカルディスを併用すると、高カリウム血症・腎機能低下・低血圧を引き起こす恐れがあります。
特に手足のしびれやけいれんが見られる場合は「高カリウム血症」が、むくみや尿の減少がみられる場合は腎機能の低下が疑われます。

他にも「高カリウム血症」を招く恐れがある薬としては、同じ降圧薬の一種であるACE阻害薬、月経困難症の治療薬、免疫抑制薬の一種であるシクロスポリンなども挙げられます。
さらに利尿剤の中には抗アルドステロン薬など、カリウムを保つ効果もある利尿剤もあります。
これらの薬と併用した場合も、血中のカリウム濃度が増え、「高カリウム血症」を引き起こす恐れがあります。

次にミカルディスを服用する際、気をつけたいのが血圧の下がりすぎです。
薬の効果が強く出すぎてしまうと、血圧が下がりすぎてしまい、めまいやふらつきといった症状が現れます。
薬を飲み始めた頃や、他の降圧剤や利尿剤と併用している場合は特に血圧が下がりやすいので注意が必要となります。
さらに、アルコールは血管を広げ、血流を速くする効果があります。そのため飲酒すると血圧が下がりやすくなってしまいます。

ミカルディスの副作用には様々なものがあります。
その中には命にかかわるものもあるため、副作用が強い場合はすぐに使用を中止し、医師に相談するようにしましょう。

一方、抗炎症・鎮痛薬の中には、併用するとミカルディスの効果が弱まる場合があります。
せっかく飲んでいても薬の効果が弱くなってしまうと意味がなくなってしまうので、注意しましょう。

関連記事はこちら